名前 : tarukichi
年齢 : 1980年代生まれ
居住地 : 関西
出身地 : 関西

趣味 : 寝ること。ぼーっとすること。瞑想すること。河川敷をブラブラ歩いたり走ったりすること。読書(なぜか図書館司書の資格を持ってたりする)。
略歴 : 小学生の頃、まわりになじめない自分に既にうすうす気づく。中学時代、当然のようにいじめにあい、人間不信に陥る。同級生と同じ高校へ進学することを回避するため、受験勉強を頑張り地元の有名高校に進学。少しだけ人生を楽しむ。そのまま順調に中堅の大学に進学するも、家庭の事情(父の失職等)によりアルバイトと奨学金獲得のための勉学に専念せざるを得なくなる。運よく小銭は手に入れられたが、一切の交遊を断っていたため友人が皆無となる。もちろん恋人などできようはずもない。ぼっち大学生ではあったが小手先だけは器用だったので、就職活動にはなんとか成功しそこそこ大手の安定企業(倒産やリストラの可能性は限りなく0の今から考えれば超絶ホワイト企業)から内定を得る。しかしながら、大学の4年間で他者との交流方法を完全に忘失してしまっていたため、同僚(上司や先輩や同期や後輩)と基本的な人間関係すらうまく築けず、結果として仕事が仕事の体を成さず、数年後にはとうとう鬱病を発症。数か月の休職の後、上司や人事や産業カウンセラーの引きとめを固辞し退職。というか逃走。脱走。遁走。「最低レベルの『コミュ力』はホモ・サピエンスの必須条件だったのだなぁ」と今更ながらに悟り、絶望する。以後、引きこもりやニートやフリーターを経て、ブラック中小零細企業の社畜となり現在に至る。

 あ、はじめまして。
 ようこそ。

 このブログは、「底辺の負け犬男が孤独死するまで」の日々を徒然に綴っている雑記帳です。

 一昔前なら、あなたが僕の雑記帳を覗くことは決してなかったと思います。
 それを読む人間は、僕が孤独死した部屋で検視を行う警官ぐらいのものだったはずです。

 しかし、我々は、今、高度に情報化された現代を生きています。

 21世紀のある日、僕は、机の引出しから雑記帳を取り出して、仮想空間に公開することに決めました。

 公開する以上、あなたのような第三者に読まれることを念頭に置いているわけで、他者の目を意識せずにはいられません。
 僕は、孤独であると同時に、徹底的に自堕落で無気力です。そんな僕が、他者を意識することで、行動を少しでもポジティブな方向に変化させる――
 これがこの雑記帳の一義的な目的です。
「ネタを得るために、有意義な行動を僕に促す」という機能をこのブログには期待しているわけです。

 このように当ブログはあくまで僕本位かつ未来志向的なものですが、もちろん、記事(過去の記録)を書くにあたっては、読んだ方にとって少しでも有益で楽しいものとなるよう尽力するつもりです。
 僕もこれまで、僕と同じような負け犬諸氏のブログを読んで、慰められ、励まされ、楽しまされてきましたから。

 それでは、今後ともよろしくお願いいたします。