造幣局の「桜の通り抜け」に男一人で行ってきた。【花見2015】


 春だ。桜だ。
 大阪造幣局の「桜の通り抜け」に行ってきた。

 四月上旬は雨天続きも、当日の水都大阪は快晴なり。


 寒さは和らぎ、陽光眩しく、春風が枝葉を揺らしてゆく。


 桜とビル。都会の春なり。

 桜。

 桜。

 桜!



 僕はこれから何度、桜を見られるであろうか。
 来年の春には死んでいるやもしれぬ。直截に言えば、自死を遂げているやも知れぬ。
 そのような思いがふと脳裏をよぎる。
 が、一方で僕は、それが単なる杞憂に過ぎぬことを十分に心得ている。
 充実した人生を歩めぬ哀れ者こそ、得てして長生きするものだ。

 桜を見よ。
 桜の命は短い。
 春、瞬間的に咲誇り、見頃を過ぎれば散っていく。
 潔く。
 たとえ短くとも春を謳歌した者は、人生に未練など残さぬ。
 満足げに微笑んで、死んでゆく。

 逆に、僕のようなエセ自殺志願者ほど、却ってしぶとく生き続ける。
 惜しいからである。
 人生の春を味合わぬまま死ぬのは、余りにも、余りにも口惜しい、からである。

 こうして、これが最期の花見だという思いとは裏腹に、僕は来年も再び桜を見るであろう。

 人生の春は、いったい、いつ、訪れるのか!

 なに? 次の歌詞を思い出せだ?
「幸せは歩いてこない だから歩いて行くんだね ♪」

 OK、分かった。
 僕の方から春を迎えに行こう。それは一向に構わない。少しも難儀なことではない。
 しかし、教えてくれ。

 どちらに進めば、本当の春が待っている?
 春はどこにある?
 僕はどこに行けばいい?

 教えろ! クソッタレが!


スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA