【大阪】男一人で「あべのハルカス」の展望台(ハルカス300)に行ってきた。

 先日、あべのハルカス美術館で開催されていた「ムーミン展」に行ってきた。↓

 そのついでに、日本一高いビル「あべのハルカス」の展望台から夏の大阪平野を眺めながら昼メシを食おうと突発的に思った。
 入場料が1500円なので、まあ、許容範囲かなと思った。

 16階の搭乗口から、高速エレベーターでどんどん上昇していく。

 60階の展望フロアに。


 当日は、快晴だった。猥雑な都会のビル群の向こうに山の稜線が見え、上空には青い空に白い雲がぷかぷか浮いている。
 そうそう、コレが見たかった。



コロナ対策もばっちり。



 これまで天空庭園(スカイガーデン)でメシを食ったことがなかったので、今日は絶対に何か食ってやろうと思った。


 とりあえず、オススメだという「プカドッグ」を注文した。あべのハルカスにちなんで、長さ300mmのソーセージがはさまったホットドッグとのこと。
 トマトソースの酸味で意外にさっぱりと食べられた。



 しかし、この雰囲気で1人だと、コーヒーかティーを静かに飲めばよかったかもしれない。
 せっかくコロナの影響で人も少なくて、眺望も1人占めだったのに。次に来たときはガヤガヤうるさいんだろうなあ。



 さすがにホットドッグだけでは物足りなかったので、「パインアメソフトクリーム」を追加注文して、屋外の席に移動した。

 失敗だった。
 屋外席はクソ暑かった。
 ソフトクリームがどんどんと溶けていった。食うスピードが追いつかない。ぽたぽたと液が垂れ、手がベタベタになった。
 夏とソフトクリームはいい感じの組み合わせだと思ったが、大間違いだった。
 想像を遥かに上回る速度でソフトクリームが溶けていくので、真夏の屋外席でパインアメソフトクリームを食べることはオススメしない。

 しかし、これほどの高さに上ってきてもこんなに暑いのか。
 涼感を求めるならば、やはり登山などをして1000Mは突破しないとダメなようだった。
 自然には自然でしか対抗できない。ホモ・サピエンスの築き上げた構造物の限界か。


 ちなみに、ハルカス300の僕のイチオシ・スポットは、トイレだ。
 初めて訪れたときは、爆笑した。「便所、開放的でオサレすぎ~!どんだけ~!」とツッコミを入れてしまったほどだ。

誰もいなかったので写真を撮ったった。
なお、もう一つのトイレの方がより開放的です。
素晴らしい景色を眺めながら、用を足されてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA